北新地ワインバーのオーナーソムリエがワインと愛犬&鬼嫁の事などをダラダラと書いております。
by tenten1119
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳




Since 2004/11/14


当サイトは人気ブログランキングに
参加しています。




カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソムリエ
from ワインをたしなむ
[2002]ロマネコンテ..
from DRCの海で溺死したい。
シャトー・ムートン・ロー..
from ロバート・パーカーの雫
Mac縺ィWin
from tok's  楽書き帳
これで、Mac Book..
from h-and-a.net/ma..
コンピューター
from Cahier de Cocomo
★greens★
from 日記★
~夢見る月光~
from 月
お邪魔します☆
from ども♪
人気ブログランキング
Skypeボタン
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 08月 16日
高槻の洋食屋さん
先日、店のスタッフ3人と高槻の洋食屋さん「ジャンジャンブル」を訪れました。

この「ジャンジャンブル」さん、今回で3回目の訪問なのですが、

料理の質・量・価格のどれをとっても唸らされるぐらいのハイレベル。

以前の訪問の時もお会計で、

「間違えてはるんちゃうか!?」と思うぐらいのリーズナブルなお値段!

この日は、ソムリエ2人とコック2人で、食べ尽くしてやるぞ!

ってぐらいの意気込みで入店。

オーダーしたのは、

1・瞬間燻製したサーモンのサラダ

2・生ハムのサラダ

3・ホロホロ鶏のコンフィ

4・和牛のハンバーグ

5・犬鳴豚のコルドンブルー

6・ケイジャン風オムライス

7・ツナマヨネーズペッパー風味のオムライス

8・向井ベーコンのソテー

9・カルボナーラ

プレミアムモルツ中瓶2本

KWSのシュウナンブラン(辛口白)1本

AOCベルジュラック(赤)1本

いつもは有名店・話題店などに潜入調査(?)に行くと、
一人一本ぐらいのワインを飲むのですが、
この日は、一品一品のボリュームに圧倒されて、
食事が終わる頃には全員グロッキー状態。

美味しい料理を食べに行って、

「こんなんになったらダメじゃないですか!お客様!」

と言われそうな状態・・・

帰りも酔いは無いのに、気持ち悪いぐらいお腹いっぱい。

いつもならこれから飲みに行こうとなるのですが、
全員、「家に帰ってゆっくりします〜」

これだけ食べて幾らだったと思います?

一人、4千円強ですよ!!

もちろん味にも大満足!ハウスワインの選択も感心!
特にオムライスの卵!
あのオムライスは本当に素晴らしい!
一見、薄い卵焼きで綺麗に巻かれたオムライス(当店のはこのスタイル)
ジャンジャンブルのオムライスは、
見かけは薄い卵焼き風なのですが、内側は思いっきり半熟卵で、
結構その層が厚い!
よ〜く断面を観察すると、オムライス上部と横は比較的半熟層が薄めで、
底部がかなり厚め。
普通にオムライスを巻くと、上部が厚めで底部は薄めになります。
一体この店のオムライスはどのようにして巻いているのか・・・
近いうちに身分を明かし、頼み込んで巻きを見せてもらわなければ・・・

それにしてもジャンジャンブルサン!儲かっていますか?
いつも忙しそうなのに、
あまりにもリーズナブルすぎてちょっと心配です。







当ブログは人気blogRankingに参加しております。
下のバナーを↓クリックお願いします。


[PR]
by tenten1119 | 2008-08-16 12:46 | 食べ歩き・飲み歩き | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 10日
小花さん
土曜日、仕事帰りに本通りの「小花」さんに
友人と厨房スタッフの三人でお邪魔しました。

かなり調子よく飲んでしまって、何を飲んだかはっきり覚えていません。

最初はアメリカのシャルドネ。
カルフォルニアではなくて、名前も「なんとか・サン・ミッシェル」だったと思います。
若いヴィンテージだったのに、コクも香りも強く、力強いタイプのシャルドネだったような・・・

2本目ははっきり覚えています。
デュジャックのエシェゾー2004年!
まだ若いやろな〜と思いながら注文したのですが、
なんと、熟成から来る野性的な香りをしっかり感じるではありませんか!
それに加えて若さ来る本来のベリー系の香りも感じ、お得感バッチリの銘柄でした。
久しぶりにコンディション抜群のブルゴーニュに当たり、テンションも上がりまくりました。

で、さいごにシャンパーニュ。よく考えたら最初もグラスでシャンパーニュでした。
この頃にはハイテンションのアルコールも回りまくりでかなりご機嫌さんだったと思います。
連れの2人は僕よりもだいぶん強いのかちょっとご機嫌さんぐらいのノリだったので、
もしかしたら自分一人がかなり浮いてたかも・・・

これからは、クール&ドライのスタイルで酔うことを目指して頑張ります・・・
[PR]
by tenten1119 | 2008-08-10 14:19 | 北新地 | Trackback | Comments(0)