北新地ワインバーのオーナーソムリエがワインと愛犬&鬼嫁の事などをダラダラと書いております。
by tenten1119
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳




Since 2004/11/14


当サイトは人気ブログランキングに
参加しています。




カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ソムリエ
from ワインをたしなむ
[2002]ロマネコンテ..
from DRCの海で溺死したい。
シャトー・ムートン・ロー..
from ロバート・パーカーの雫
Mac縺ィWin
from tok's  楽書き帳
これで、Mac Book..
from h-and-a.net/ma..
コンピューター
from Cahier de Cocomo
★greens★
from 日記★
~夢見る月光~
from 月
お邪魔します☆
from ども♪
人気ブログランキング
Skypeボタン
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2007年 09月 11日
ジャンティ・オジェ
a0067613_14162797.jpg


日曜日に三宮・異人館にある、「ジャンティ・オジェ」というフレンチに友人夫婦と行ってきました。

新婚当初に訪れたことのある、
名店「ジャン・ムーラン」から独立した方の一人がオーナーのお店です。

アミューズ・前菜・魚・肉(3品からのチョイス)・チーズ・口直し・デザート・コーヒー

アミューズはシンプルな玉葱のキッシュ

前菜はサンマのコンフィと松茸・ハモ・雲丹のサラダ仕立てバルサミコ風味

魚はスズキと白狭海老のポワレ

肉はプリフィクス
シャラン鴨のロースト
仔羊背肉のロースト
黒毛和牛ヘレ肉のステーキ

この魚料理と肉料理の火の通り具合は全て絶妙の一言。
もう少し塩がきいていたら完璧!
スズキの皮はパリッと、中はジューシー。
口で言うのは簡単ですが、全ての皿でこれを実践するのは中々出来ないこと。
僕が注文した仔羊は、今まで食べた中で一番良い焼き上がり状態でした。

チーズの状態も旨く熟成されていて感嘆。

デザート・コーヒーの後に、自家栽培のミントのティー。

手軽に味わうことの出来る、
グラン・メゾンとして是非とも重宝させていただきたいお店でした。




当店スタッフのI君、見事、ソムリエ認定試験の一次試験に合格!
10月1日の二次試験にうかれば、晴れてソムリエに・・・

今から楽しみです。







人気ブログランキングに参加しています
下のバナーを↓クリックお願いします。


[PR]
by tenten1119 | 2007-09-11 14:17 | 食べ歩き・飲み歩き
2007年 09月 02日
先斗町いふき
亡父の法名を頂きにお昼過ぎから京都へ母と妻の3人で出かけました。
西本願寺、すごいですね〜。
あんなに大きな建物とは思っていませんでした。
新撰組に興味があり、一時、司馬遼太郎・池波正太郎などを読みあさっていたのですが、
西本願寺には訪れたことが無く、気にはなっている場所でした。
大学も京都の学校に通っていたのですが、何故か今まで縁がありませんでした。

一通りの用事が済み、これから食事と言うときに以前、「あまから手帖」に載っていた
料理屋を思い出し、電話してみることに・・・
以前、何度か当日に予約の電話を入れましたらあいにく満席とのことで、
ず〜っと気になっていた先斗町の「いふき」さん。
たぶん満席やろうなぁと思って電話してみると「お席ございます〜」!!
諦めずに何でもやってみるモノです。

先斗町、今まで素通りしかしたことが無くて、店には入った事がない通り。
四条から鴨川脇の交番の路地を北に上がってすぐの左に入る小さな路地の奥。
行ったことが無くてもこれだけの情報ですぐに行けると思っていたら、
北へ南へと行ったり来たり・・・
何往復したかな〜。
お忙しい時間帯に二回も電話してしまいご迷惑をお掛けいたしました。
女将さん、丁寧に対応していただき有り難うございました。

3人とも、おまかせコースをお願いしました。

真ダコと白ずいきの酢の物
塩釜の本鮪と鱧の焼き霜
鱧の棒寿司
鱧の丸椀生姜仕立て
鮑と小芋と南京の生姜餡
賀茂茄子田楽と赤万願寺と銀杏
佐賀牛牝ロース・のどぐろ・白甘ダイの炭火焼きの中から一品チョイス
若狭もずくと長芋
鱧と水菜と三ッ葉の鍋
食事(鱧の山椒煮・お茶漬け・漬物)
桃のシロップ煮

お腹いっぱい!
日本酒も春鹿純米・湖乃鶴純米と美味しく頂きました。

帰りも路地から通りに出て曲がるまで大将と女将さんが並んでお見送り。
やはり、サービスとはこういうものやと再認識させられました。

今度は店の若いスタッフを連れて訪れたいお店でした。

a0067613_13482451.jpg









下のバナーを↓クリックお願いします。


[PR]
by tenten1119 | 2007-09-02 13:48 | 食べ歩き・飲み歩き
2007年 03月 29日
鮨いしばし
先日、仕事仲間と勉強と称して地元の寿司屋さんに行ってきました。

a0067613_13435019.gif


最近、雑誌やテレビなどで取り上げられて話題になっているお店です。

私は父親と何度かお邪魔したことがあるので、お店の情報を僅かですが知っております。

大将は若く30歳代前半。
銀座の久兵衛で修行の経験有り。
長崎の親類が漁師をされていて、そちらからも仕入をされている。等々。

当日は日曜の廻転すぐの5時からカウンターに4名で陣取り、
8000円のお任せをお願いすることに・・・

16貫出てきたそうですが、こちらは福井の銘酒、黒龍の限定酒「九頭竜」等の銘酒ですっかり気分が良くなり、
無条件で幸せな時間を楽しんでいたので、全てははっきり覚えていないという体たらく〜
ただ、前回来たときに美味しくて印象に残っていた「能登のノドグロ」は、
今回は入荷無しと言うことで残念でした!
平貝、蒸し鮑、蛸、烏賊、鮃昆布〆、煮穴子、鯖、車海老、煮蛤(産地は残念ながら覚えていません・・・)
長崎の本マグロ(赤身・中トロ・大トロ)、こちらも長崎からの最後の寒鰤、淡路の真鯛と雲丹
食事にかっば巻き、アテに玉子と子持ち昆布、鰤のお吸い物。

a0067613_1344550.gif



蛇足ですが、
壁に色紙が飾ってありました。

「春夏冬 二升五合」


これは縁起物で、
「商い(秋無い)」「ます・ます(升・升)はんじょう(半升)」という意味だそうです。

お酒も寿司も美味しかった〜!
またお邪魔させて貰います!








当ブログは人気blogRankingに参加しております。
下のバナーを↓クリックお願いします。


[PR]
by tenten1119 | 2007-03-29 13:45 | 食べ歩き・飲み歩き
2007年 01月 29日
堀江のもつ鍋「蟻月」
a0067613_17295228.jpg

土曜の仕事帰りにスタッフ二人と嫁の四人でミナミにもつ鍋食べに行きました。

有名なもつ鍋屋で、美味しかったのですが、この写真の入り口。

長いのれんが掛かっていて、そのうしろはかなり背の高いガラス戸。
のれんのすぐ後ろにガラス戸って考えられます?
僕は、そののれんをくぐり、ガラス戸に気づかず、直撃!

スタッフからは大丈夫ですか?と肩を持たれ、中の店員も慌てて飛び出してきて、
えらい恥ずかしい思いをしました。

その店員曰く、「ぶつからはるお客さんがけっこういはるんです。」

やはり・・・そらアカンわ。
[PR]
by tenten1119 | 2007-01-29 17:29 | 食べ歩き・飲み歩き
2007年 01月 11日
宮津カニツアー
a0067613_16374430.jpg

日・月の連休に当店の近くの餃子屋さんファミリーが主催の新年カニツアーに参加してきました!

新地のお客さん・ママさん・マスターさんの集まりで毎年されているそうですが、
ホントに楽しく、美味しいツアーでした。

泊まったのは宮津の「海舟」という蟹旅館。
晩ご飯の蟹の量はハンパではなく、もう当分蟹はええわ。と思うほどでした。
蟹造り・蟹シャブ・焼きガニ・蒸し蟹・蟹雑炊・・・

すごい旅館でした。
[PR]
by tenten1119 | 2007-01-11 16:37 | 食べ歩き・飲み歩き
2006年 11月 04日
ラ・クレアション・ド・ナリサワ
土曜日を臨時休業にして三連休にし、
東京へ二泊三日で遊びに行くことにしました。

そしてその土曜日。
以前から行ってみたいと思っていたレストランに行ってきました。

a0067613_2241496.jpg

南青山2丁目のフレンチ
ラ・クレアション・ド・ナリサワ

真鯛のカルパチョ
フォアグラのソテー苺と一緒に
手長海老のロースト有機野菜たっぷり
的鯛のポワレ ブイヨン仕立て
仔羊のロティ
チーズ
デザート
コーヒー・お茶菓子

お一人様¥15、000

さすが騒がれているフレンチだけあって、食器・シルバーなどのセンスは抜群。
トイレも、ハブラシ・櫛・爪楊枝など、ホテルの洗面所なみに道具が揃えられており、
薬を飲む人用に、浄水のでる蛇口とコップまであり、驚きました。
料理も美味しかったのですが・・・
一品の量が少ない!
前日飲み過ぎて二日酔い気味で、胸焼けがしていたのですが、
それでも食べられるぐらいでしたもん。
大阪ではやっていけないんとちゃうかな〜
[PR]
by tenten1119 | 2006-11-04 22:41 | 食べ歩き・飲み歩き
2006年 09月 17日
北千里の焼肉「蔵一」
a0067613_15291594.jpg


前から行きたかったお店「蔵一」です。
ついに行ってきました。

松阪牛協会から認定されている焼肉店は大阪では2軒しかないそうなのですが、
ここはそのうちの一件。
松阪牛以外もA5クラスの黒毛和牛を一頭買いしているらしく、
鮮度も質もとても素晴らしく、お値段も良心的です。

今日は奮発して松阪牛特撰ヒレ肉を食べてきました!
今まで食べたことのあるヒレ肉と比べると完全に別格・・・
香りもとても上品で、肉の旨味・甘みも素晴らしく唖然。
さすがに、これだけお値段が張りましたが納得。
写真を撮ろうと思っていたのですが、興奮状態だったので撮り忘れていたのに
気づいたのは、最後のヘレ肉を食べ終えたとき。

今回の写真は特撰上ハラミと上ツラミ。
こちらもとても美味しかったです〜。
[PR]
by tenten1119 | 2006-09-17 21:29 | 食べ歩き・飲み歩き
2006年 09月 10日
菊乃井 茶屋町店
ルーブル美術展の後にとりあえず、晩ご飯

老舗の菊乃井の支店。

お一人様 ¥15,000

a0067613_21365184.jpg

胡桃豆腐
八寸(銀杏・カマス焼き目鮓・ウルカいくら・子持ち鮎・焼き栗)
縞鰺・鯛造り
子しび鮪焼き造り
鱧骨椀松茸
かます杉板焼き
帆立山椒たれ焼き
鱧子煮凝り・サーモン・ささげ黒胡麻和え・菱蟹水菜・鴨ロース・子芋ずいき
松茸と水菜の鱧しゃぶ
雲丹飯
栗のアイスとプリン


お店の中は場所からは想像も出来ないほどの立派な造り。
二階の個室を用意して貰っていたのですが、こちらもとても良い雰囲気。
一階のカウンターもなかなか良さそうでした。
仲居さん達もよく気がついて、愛想もとても良くて非常に楽し時間を過ごせました。
料理もとても美味しく、ボリュームもかなりあり、1万5千円で料理・雰囲気・サービスを
考えるととても値打ちのあるお店でした。
[PR]
by tenten1119 | 2006-09-10 21:36 | 食べ歩き・飲み歩き